第六回 じねんミーティングを行いました。

2017年6月27日(火) 19時から21時、第六回 じねんミーティングを行いました。

今回は、まちぴあで行いました。

参加者は、トランジションタウン那須から 平山さん、宮下さん、戸井田さん、ご夫婦の方(Facebookをしていないので名前がわからない)、中尾さん、佐藤順の7名でした。

最初は、参加者いないのかなと思って、ピケティの DVD でも一人で見てようかなと思いましたが、意外にも人が集まって驚きました。

みなさん、トランジションタウン栃の木のこれまでの活動の様子を知りたいとのことだったので、パソコンで Facebook の写真や栃の木のホームページを見ながらの説明になりました。

みなさん、今後、トランジションタウン那須の活動を始めるにあたり、どんなイメージで、活動をして言ったらいいか?そんなことを疑問に思っているようでした。

平山さんは、東京でクリーンエネルギーの推進をする企業に勤められていて、地元の栃木に戻り、地元でトランジションタウンのような活動をして行きたいようでした。

最初、トランジションタウン運動とは?みたいな話になったのですが、私は、目標を一つ掲げて、みんなでそれに向かってゆくようなのは、ちょっと違うんじゃないかと思いました。

確かに脱石油文明という大きな目標?ビジョンはありますが、実際は、それぞれにプロジェクトを立ち上げて、それぞれの人がリーダーになって進めてゆくので、目標は、一つじゃないと思うんです。

ワーキンググループという形で、様々な未来へ向けたアクションをして行くのというのが実情ではないかという話をしました。

そのほかに時に代表者とかは、いなくて、みんながリーダーみたいなグループという話をしました。(⬇︎の弱いリーダーシップのこと)

「ソーシャルデザイン」ってなんですか?

未来のつくりかたの体験談『「ほしい未来」は自分の手でつくる』
1. まず、「自分ごと」からはじめる
2. 人間の行動を変える「楽しさ」という力を活かす
3. 小さくはじめる
4. 淡々と続く仕組みをつくる
5. お客さんを、「参加者」にする
6. 「弱いリーダーシップ」を発揮する
7. ビジョンを共有する
8. 活動を生態系化する

その後、本日のテーマの「ポスト資本主義の経済システムを学ぼう」ということで、本を出して、みんなで興味があるとこをを読みました。

参考図書は、Facebookのイベントページを参照してください。

その中で、シュタイナーの「社会の未来」の一節を読み上げました。

『精神生活、政治生活(法律、国家)、および、経済生活が次第に混沌とした状態で現代にいたり、もはや区別のつかないものになってしまっていること、そしてこの混沌とした状態の中から現代の社会悪が生じていることを理解するでしょう。』

これが、シュタイナーの言う、社会三分節化論の趣旨のようなのですが、これは、ミヒャエル・エンデの言う、お金の機能的矛盾に似ているなと思いました。

もともと、ミヒャエル・エンデは、シュタイナー学校の卒業生で、シュタイナーの思想の流れを組んでいるのではないか?と言う話も、宇都宮市内のシュタイナーの研究者から聞いています。

その他に、栃の木のリーフレットの「懐かしく豊かな未来の暮らしを創るコミュニティ」と言う、懐かしい未来というのが、一見、矛盾するようで興味深いという話も出ました。

これは、ノーバート・ヘレナ・ホッジの「幸せの経済学」で出てくる言葉なんですよ。という話をしました。

リーフレットについては、五月女尚子さんがトランジションタウンの説明を書いて、しばらくしてから、佐藤順が少し書き直しましたという話をしました。

構造的な非平和のない社会というのは、平和学の父と言われる、ヨハン・ガルトゥング博士の言葉をお借りしました。という説明をしました。

トランジションタウン運動の解釈が様々に進む中、もう一度、ロブ・ホプキンスの思想を振り返る必要性を感じています。

脱石油社会への移行

それと、脱石油社会と言いつつ、いつもコンビニのペットボトルのお茶とか飲んでいる私ですが、私の考えは、自分一人、石油製品を減らしたり、消費社会から逃れて見てもあんまり効果ないんじゃないかと思っています。

自分は、消費者がこの石油依存社会を望んでいるとは、思ってなくて、企業が作っている製品を買わされているだけだと思っています。

企業の方に脱石油社会への努力が必要という考えです。こう言うと、いやいやそんなことは。と議論になりますが、アプロートは、人それぞれで良いと思っています。

消費者が進んで石油製品といっぱい消費してやるぞ!なんて思っていないと思うんです。

みんなできれば、不可逆的なエネルギーや資源の消費は、みんなしたくないと思っていると思います。

第五回 じねんミーティングを行いました。

2017年5月30日(火)、今回は、2tree open houseにて、くるくる交換会とじねんミーティングを行いました。

最初は、くるくる交換会を15時から17時30分くらいまで行いました。

出店者は、五月女さん、フェアトレードショップ・コブルの中尾さん、山本さん、上野さん、粂さん、田中さん、情悦さん、中西さん、倉本さん、佐藤順でした。

すごく、暑い日だったので、コブルのアイスコーヒーをみんな飲んでいました。

コブルのフェアトレードコーヒーは、売れたのかな??

今回も基本、じねんでの決済の方がほとんどだったようです。

続いて、倉本さんのお料理を食べながらのじねんミーティング、最初にじねんの仕組みをみんなに説明して、それぞれにじねんのどういうところが良いかシェアし合いました。

事務局としては、じねん経済の活性ばかりを考えがちでしたが、広く、トランジションタウン運動などに意識のある個人がじねんで繋がっている。それだけでも十分に価値はあるなと、最近は、感じています。

それ以外には、幼稚園などで、他のお母さんにトランジション運動を広めたいけど、なかなか理解してもらえないなどの意見もありました。

トランジションタウン藤野が成功したのは、芸術家など、社会の革新に意識の高い人が住民として多いからという意見もあります。しかし、日本の一般的な都市の宇都宮やその近辺で、70世帯もの方がじねんに登録してくれているということは、藤野のような街でなくてもこの運動は、理解されてきているという証拠だと思います。

トランジションタウン栃の木が始まって、2年目、じねんが始まって、4年目ですが、気長にお金をかけずにこの活動を続けていければ、まだまだ可能性は、広がると感じることができました。

第四回じねんミーティングを行いました。

本日、2017年4月25日(火) 19時から21時まで、第四回じねんミーティングが行われました。

じねんミーティング

参加者は、俵木さん(宇都宮)、大川さん(栃木市)、千波さん(宇都宮)、佐藤順(宇都宮)の4名でした。

今回は、タイトルを「ポスト資本主義の経済システムを学ぼう」にした、第一回目でした。

興味ありを押してくれた方にメッセージをしたところ、みなさん参加してくれました。

五月女さん、中尾さん、小島さんは、予定があり、参加できませんでした。

最初にじねんの仕組みを説明したました。それをポスト資本主義の経済システムと説明したのですが、みなさん、今ひとつピンとこないようでした。

続いて、先月の地域通貨カンファレンスの動画を見ました。

https://www.youtube.com/watch?v=hiO7K_MzLQE

この動画では、通帳型の地域通貨を使うと、お金についての意識が変わるという研究発表がされていて、そのことを再度説明しました。

そのあと、みんなでディスカッションをしました。

ワーカーズコープも関わって、うまくいっている、林業支援の地域通貨の話や地域通貨についての印象などをシェアしました。

大川さんからじねんについて質問を受け、説明するとじねんがポスト資本主義の経済システムであるということももう少し理解してもらえたようでした。

今後も経済や資本主義についての勉強会を開催するということで、合意を得ることができました。

次回のじねんミーティングは、5月30日(火) 15時から21時まで 2tree open house で行います。

第三回 じねんミーティングを行いました。

昨日、2017年3月28日(火) 15時から21時まで、第三回 じねんミーティングが行われました。

くるくる交換会

参加者が予想以上に多かったので、一人づつは、お名前は、掲載しません。

くるくる交換会では、交換会の最初にじねんの説明を五月女さんがして、佐藤が登録という流れになりました。

今回は、7名の方に登録いただきました。

今回の登録では、Google Form を使った、登録をしました。

最初は、うまくいっていたのですが、5人目くらいからうまく登録できないというクレームが。。。。。

私も原因がわからず、2名の方は、紙での登録になりました。

おこんにゃく茶屋さんで夕飯

少し、遅れて、おこんにゃく茶屋に集合し、みんなで夕飯を食べました。大人が10名、子供が3名。

いつもこのコミュニティの子供たちは、元気!!アクティブ!!

お母さんを困らせていましたが、みんなが暖かく、それを見守っていました。

おこんにゃく茶屋を知らない人は、おすすめ!!こんにゃくのヘルシーな和食が食べられます。

こんにゃくのステーキも美味しかった!!

じねんミーティング

参加者は、中尾さん(鹿沼)、五月女さんご夫婦(茂木)、佐藤順(宇都宮)、小栗さん(小山)、高橋さんご夫婦(さくら市)の7名でした。

ThanksBank あらため ZinenWeb のミニリリースを行いました。

正式リリースは、ちょっと遅れています。今週中には、31日までくらいには、リリースできるかなという感じです。

リリースは、じねんコミュニティないのみです。一般には、リリースしません。パスワードなどの扱いには、じねんコミュニティのみなさんが気をつけてください。

次に通帳のリセットの話。

通帳リセットの論点は、以下の3つ。

1.取引のプラスマイナスを集計して、経済の規模を見える化したい。
2.じねん長者、じねん貧乏を無くす。
3.通帳のデザインを更新するなどして、日本円との交流をするようにしたい。

です。

実際に通帳を取りにゆくことを考えると70世帯近くあるので手分けをしないと難しいのではないかという気もしますが、通帳のリセットには、賛成です。

第一回 地域通貨カンファレンスに参加してきました。

2017年3月18日(土)、地域通貨カンファレンス@藤野に参加してきました。

前日から藤野に入って、芸術の家に一泊し、次の日がカンファレンスでした。

午前中は、三人の講演でした。

一人目が東京農業大学非常勤講師の栗田健一さん。

栗野さんは、2015年の東京での greenz school 地域通貨コースで一緒だった方です。

地域通貨を研究テーマで博士号を取得された研究者で、最近の地域通貨の話をしてくれました。

最近では、教育や貧困の問題の解決を目的とした地域通貨があり、それぞれに成果を上げているという報告でした。

ブラジルの貧困地域での地域通貨の取り組み

埼玉での地域通貨での教育の取り組み

二人目は、あわマネー代表 林良樹さんでした。

林さんとは、一度、鴨川の林さんの自宅でお話ししたことがあり、久しぶりの再会でした。

LETS 方式の地域通貨の先行事例を作った方で、15年になるとのことでした。

三人目は、北陸先端科学技術大学院大学の小林重人さんでした。

地域通貨の最近の変化についてでした。

そのあと、ポスターセッションがあり、栃の木もポスターを掲示し、対応しました。

そのあと、パネルディスカッションを全員で行いました。

ビットコインと地域通貨の関係や研究などの話にもなり、興味深いディスカッションでした。

そのあと、懇親会、無形の家という藤野クラブ、NPOの農業法人の宿に宿泊しました。

とりあえず、時間がないので、ここまで、各内容の詳細は、後日、この記事に追記して行く予定ですので、また見にきてください。

——

藤野は、夜空の星が綺麗だった。

藤野は、相模湖の周りの斜面に家々が立ち並ぶ、山間の集落と言う感じだった。

道も狭く、車で行き違うときは、ぶつかるのではないかとヒヤヒヤした。

じねんもなかなか取引が視覚化できなくて、へこむけど、今回のカンファレンスで、みんないろいろ悩みつつも頑張ってるんだなと言う気がして、自分も頑張ろうと言う気持ちになった。

栃の木リーフレットは、14枚配布。

じねんは、ちょっとまじめすぎるのかな??ふざけたくらいで、楽しくわくわく地域通貨を使う方がクリエイティブに使えると思った。

地域通貨の技術的な新しい取り組み

zen os http://www.thezenos.com/

地域通貨の多様性と可能性を感じた。

来年もカンファレンスの第二回を開催するそうです。

日本円は、信頼はしていないが、信用しているから使う。

地域通貨は、信頼して使うことができる。

信用は、ものとして扱うと言うこと、信頼は、人として扱うと言うこと。

普段、栃木という狭い地域でボランティアとか、仕事とかしているので、県外のカンファレンスで、他県の仲間とディスカッションできたのは、経験だった。

——

また更新するかもなので、たまに見に来てください。

第二回 じねんミーティングを行いました。

昨晩、2017年2月28日(火) 19時から21時まで、第二回 じねんミーティングが行われました。

参加者は、中尾さん(鹿沼)、五月女さん(茂木)、小島さん(真岡)、佐藤順(宇都宮)の4名でした。

事務局からのお知らせ

Give me, Give you を見やすく工夫した、Web アプリ ThanksBank をレビューしました。若干の変更を加えて、次回のじねんミーティングで正式リリースになりそうです。

話したこと

マッチングを話し合いました。

・ 日光の山口さんと孤塚さん、孤塚さんが日光の伝統野菜、野口菜をたくさんできて収穫しきれないと言っていたので、山口さんにじねんで提供するようにマッチングしたらどうだろうかという話をしました。

・ Give you, Give me の両方に野菜が多いのでマッチングの確率が高いのではないか?

・ 占いとか、ヨガを Give you に書いている人は、イベントに参加してもらうと良いのではないか?

・ 引きこもりの人の支援にじねんを使えないだろうか?

はじめ、カウンセリング料をじねんで払ってもらうということで、話をしていました。それだと、どんどんマイナスが増えてゆくので、引きこもり当事者からすると嬉しくないよね。地域通貨は、マイナスが増えても気にしなければいいといいました。それでも気にはなるよね。そこで、カウンセリングをしたら、引きこもり当事者にじねんをあげればいいのかな?斬新なアイディアで驚きました。

そのほかに話したこと。

・ ThanksBankの修正

基本的に検索機能のみにする。
個人名は、出さず、イニシャルにする。
データの管理は、事務局で一括して行う。
じねんの HowTo を最初に書く。
Give me, Give you という表現を、「じねんをもらってつながる」「じねんを使ってつながる」という表現にする。

・ じねんスマホアプリの話

じねん経済の集計がコンピュータでできるのは良いかもしれない。
じねんにゲーミフィケーションを取り入れて、レベル6ですとか、レベルアップすると面白い音がするとか楽しかもしれない。
事務局スマホアプリの開発技術を勉強しています。

・ 5月がフェアトレードのイベント月なので何かイベントをしたい。

・ エシカルとは?

エシカルについてですが、エシカル=倫理的な という意味で、倫理的な「調達」までの意味はないです。なので言葉の使い方としては例えばエシカル消費=倫理的な消費となります。

エシカルは意味が広い言葉で、エシカルなもの(環境に配慮したものなど)がフェアにトレードされたとは必ずしもいえないです。フェアトレードとは「本来当然にそうあるべき取引の形態」なので、それを「エシカルである」というのは違うという意見もあります。

zu.20170301.001

多分、一般的にはこんな認識です。矢印の部分がエシカルであるが、フェアにトレードされたとは限らない部分です。

・ エシカル(倫理的な)と言っても製品の全てがエシカルじゃない場合があるようなので、あまり信用できない。

・ ユニクロのエシカルに関する取り組みもあるみたい。

http://www.fastretailing.com/jp/csr/business/

・ 大きな企業のエシカルキャンペーンは、無理があり、信用できないのではないか?

・ 経済は、小さく、繋がりは、大きく。

第一回 じねんミーティングを行いました。

昨晩、2017年1月31日(火) 19時から21時まで、第一回 じねんミーティングが行われました。

参加者は、梅津さん(那須町)、中尾さん(鹿沼)、形川さん(鹿沼)、五月女さん(茂木)、小島さん(真岡)、牧野さん(宇都宮)、佐藤順(宇都宮)の7名でした。

事務局からのお知らせ

・ Give me, Give you リストが見ずらい、配布が面倒、常に最新を見れないなどの問題がある。
リストを検索できるシステムがあるといいかも。

・ メーリングリストのアドレスを短くしました。

話したこと

・ 中尾さんのお話
イギリスに旅行をした時、タイムバンク(時間の銀行)という仕組みがあった。タイムバンクでは、事務局が登録時に入念な面接をして、料理ならプロレベルなのか?家庭料理レベルなのか?草刈りなら手草刈りなのか?機械刈りなのか?草刈りの規模はどのくらいか?などを事務局が丁寧にヒアリングをして、レベル分けをしている。
事務局が登録者間のGive me, Give you のマッチング作業を行うので、登録者同士のやり取りや交流がスムーズ。

・ 形川さんの知っている地域通貨の話
長野にある地域通貨まーゆも手帳式で、月に一回「まーゆ市」が開催されていて、いい。

・ リセットの話
(梅津さん)
私が実際に取り組んだエコマネーは、白河市NPO市民活動支援会で通貨名は「だるま」でした。那須塩原で試みられている地域通貨はこれからお話を伺うところです。まださんかしていません。
地域通貨「だるま」では、地域通貨長者(+が沢山の人)が出てしまうので、年に一回、地域通貨リセットをしていたとのこと。事務局とか、中心に近い人が地域通貨長者になってしまう傾向がある。
(五月女さん)
じねんでも、じねん内の経済的な動きを集計するのに年に一回例えば春分の日に通帳を集めて集計し、デザインの新しい通帳を作りたいね。地元の資源である那須烏山和紙や、麻紙を使った新しい通帳で地元デザイナーさんにデザインをお願いし、年に一回通帳を購入することで、地元資源や地元デザイナーさんが潤い、日本円の法定通貨による地域経済を回す接点を、じねん手帳が生み出せる仕組みにするのはどうだろう?

・ マッチングの話
じねんでも登録者の誰かに取引のマッチングをしてもらってもいいのかもしれない。そうすれば、活性化するかな??

新規登録者

新規登録者は、中尾さんです。詳細は、メーリングリストに投稿済みです。

事務局の感想

じねんで楽しく繋がれるには、どうしたらいいのだろう??

次回の予定

2017年2月28日(火) 19時から21時30分 まちぴあ 和室

【次回のじねんミーティング案】

①前回のミーティングのおさらい
②give me give youのマッチング作業
③じねんで提供出来るものを持ち寄って「じねんプチマルシェ」開催。