千葉県鴨川市:勉強会:「国境も資本主義も超えた先へ」参加しました!

2018年4月21日(土)、千葉県鴨川市の安房マネーの地域で、林良樹さん主催の勉強会「国境も資本主義も超えた先へ 〜里山xエストニアxブロックチェーン〜」に参加してきました。

2018年4月20日(金)の午後、宇都宮を出発。参加者は、私、1名です。まずは、鴨川の大学時代の恩師の幸村真佐男先生の自宅へ向かいました。

東北自動車道を登って、東京へ出て、アクアラインを通って、千葉入り、幸村先生の自宅に到着する頃には、日もとっぷり暮れました。

夜は、先生の作品を拝見し、新作も見せていただきました。

ビールを飲んで、先生のハッピーメール(新潟の知事が辞任するきっかけになって出会い系サイト)の話や自分の作品の話などをしました。

その日は、薬と歯ブラシを忘れるという。。。。。

歯も磨かず、薬も飲まずに寝ましたが、2時くらいに目が覚めて、そのまま眠れず。。。。。

朝になり、外も明るくなってきたので、少し散歩。

太陽礼拝し、インスタをとって、出発の時間になったので、先生を起こして、出発。

勉強会まで時間があるので、九十九里の取引先のキャンプ場へ。

自分が保守をしているシステムの稼働状況を確認しに行きました。

幸村先生もきてくれるということで、2人で現場へ。

2時間くらいかかりました。

思ったより、千葉って大きいですね!

現場の田中さんと雑談し、「今度、彼女さんとキャンプしにきてくださいよー」って、ぜひ、遊びに来たいと思います。

そこからまた2時間かけて鴨川へ戻る。

千葉でかい。

時間を30分くらい過ぎて、会場入り。

最初のオリエンテイションから。

年齢層も様々で安房マネーコミュニティって、こういう感じなのか。。。。

講師の千葉恵介さんの「感謝経済」の話でした。

印象に残っていることは。

・ハグ決済をしたい(ハグをすると取引が記録されるスマホアプリ)
・LETSの実証実験をせずにLETSの概念の先に到達しているのがすごい。
・スマホアプリは、まだ出来ていないみたい。

そのあと、林さんの安房マネーのこれまでの話

印象に残っていることは。

・安房マネー立ち上げから15年くらいとのこと。
・1つのコミュニティが15年も続いているということは、すごいことだと思った。
・林さんも2人のお子さんのお父さんで子育てしているコミュニティの力ってすごい。

その次は、千葉さんのエストニアの電子政府の話。

印象に残っていることは。

・エストニアの政府は、情報が全て公開されているので、政府を疑う余地がない。
・独立の際に行政を担っていた大人たちが地位を若者に譲ったので、エストニアの大統領は、30代?40代?
・国のお金を子供のIT教育に投資した、子供達は、自分たちに大人が期待をしている!と頑張っている。
・ソ連がエストニアに国家的ハッキングを試みたがエストニアのシステムは、それを防いだ。
・EUでもエストニアのシステムのセキュリィのレベルの高さに一目置いている。
・小学校から大学までの学校の成績が全てシステムに記録され、自分の情報をいつでも取り出すことができる。

などなど。

その日の夜は、鴨川の家で懇談会。

千葉さん、林さん、幸村先生、私、あと、みなさん名前忘れてしまった、ごめんなさい。

和やかに夜を過ごして、21時すぎに、幸村先生の自宅へ戻り、就寝。

翌日も5時頃起きて(薬飲んでないので)宇都宮へ戻りました。

幸村先生と私。だいぶ酔っています。顔が真っ赤。

太陽礼拝。

海へ向かう幸村先生。

帰りの海ほたるから見た東京湾、イゼルローン要塞を思い出す。

じねんミーティング 2018/04 を行いました。

今回は、はじめての鹿沼開催??くるくる交換会は、鹿沼で以前やりましたけどね。

3名を勧誘していましたが、1名しか来ませんでした。

みんな色々忙しいみたい。

参加者の小田切さんからは、じねんメンバーとの取引がうまくいかなかったという話を聞きました。

今回も良いケーススタディーになりました。

小田切さん、ありがとうございました。

じねんミーティング 2018/03 を行いました。

参加者は、私と秋元さんの2名でした。じねんメンバーとの取引がうまくいかなかったという話を聞きました。

地域通貨とか、信頼できるコミュニティとか言っても最初の取引がうまくいかないということは、多々ありそうで、良いケーススタディになりました。

秋元さん、ありがとうございました。

じねんミーティング 2018/02 を行いました。

2018年2月27日(火)19時から宇都宮市内の市民活動支援センターまちぴあにてじねんミーティングを行いました。

オフラインで6名の参加者とオンラインで2名の参加者がありました。

参加者の所在地は、日光、茂木、宇都宮でした。

今回も heart coffee を飲みながら、おしゃべりカフェのような感じでした。

それと1名新規のじねん参加希望者がいました。

くるくる交換会 2018/02 宇都宮 サンアビリティーズを行いました。

2018年2月12日(月)建国記念日に宇都宮市内の障碍者スポーツ施設 サンアビリティーズにてくるくる交換会を行いました。

今回は、広告がなかったので参加者は、私と桜井さんの2名でした。

参加者は、少なかったのですが、桜井さんと heart coffee を飲みながらゆっくり話すことが出いました。

じねんミーティング 2018/01 を行いました。

平成30年1月30日(火) 19時から21時 宇都宮市内のまちぴあ(宇都宮市市民活動支援センター)にて、じねんミーティング(じねん説明会)を行いました。

2名のじねんメンバー(私含む)と3名の初対面の参加者がいらっしゃいました。

今回は、じねん登録者は、いませんでした。

トランジションタウン栃の木の新しくできたパンフレットと古いパンフレットをお渡しさせていただきました。

今回のじねんミーティングで、じねん含む LETS 通貨は、性善説なんですねという指摘をいただき、これが2回目だったので、私が思う性善説でも成り立つ、LETS 通貨を記事にしましたので、興味のある方は、こちらをご覧ください。

LETS は、性悪説でも成立する?

じねんミーティング 2017/11 を行いました。

平成29年11月28日(火)19時から21時15分まで、じねんミーティングを行いました。

今回の参加者は、加藤さん、小田切さん、赤堀さん、桜井さん、秋沢さん、五月女(夫妻)さん、佐藤順の8名でした。

じねんの仕組みを説明し、その仕組みが、我々が独自に考えたものではなく、LETSという海外で考案された仕組みですという説明をしました。

じねんに参加しますかと聞いたところ皆さん参加しますということでしたので、登録事務を行いました。

ZinenWeb の説明を行い、じねん Facebook グループへ招待し、じねんへの登録が終わりました。

じねんミーティング 2017/10 を行いました。

今回も私一人だけでしたが、もくもくと勉強できて、よかったです。

まちぴあのスタッフの小林さんに栃の木のパンフレットのレビューもして頂きました。

小林さんがいうのは、新しい活動を定着させるには、かなりの情熱が必要で、パンフレットを作って、ただ配布しただけでは、なかなか活動も広がらないですよ。と、いうことでした。

理想を語ってしまうと現実とのギャップに疲れてしまうので、できることをもくもくとお金をかけずに続けてゆくのが大切かなと思いました。

革命のレシピ第13回 に参加しました。

革命のレシピ第13回 ~フルマネー・イニシアチブに学ぶ 「未来のお金と経済システム」~
http://peatix.com/event/306937/view

上記のイベントに参加しました。

スイスでの国民投票で、ベーシックインカムの投票が話題になりましたが、スイスでは、現在、もうひとつ通貨に関する国民投票が行われようとしているそうです。

これまでは、民間銀行(日本では、都市銀行、地方銀行、信用金庫など)の信用創造により、投機に使われるお金が増大し、実体経済の通貨量よりも投機の通貨量が増大するという現象が起きていました。

この問題を解決するため民間銀行での信用創造を停止し、通貨の発行が中央銀行のみにし、負債の増大を止めることができるそうです。